安全通貨・逃避資産としての性格を持つスイスフラン

為替市場での取引量が米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドに次いで多いのが、スイスフランです。スイスフランの大きな特徴として、戦争やテロなどの有事に強いということがあげられます。

 

つまり他国で戦争が起きたとしても独立と領土の保全を守る永世中立国という立場を明確にしているスイスは戦争に巻き込まれる危険性が小さく、資金の回避先としての注目が集まっているのです。

 

以前は「有事のドル買い」と言われていましたが、01年のアメリカ同時多発テロや、03年のイラク戦争などを受けて、今では「有事のスイス買い」とも言われています。

 

また、スイスは時計などの精密機械工業や医薬品などの化学工業が発達していて貿易収支は黒字であり、1人あたりのGDPもトップクラスになっており、通貨価値は安定しています。スイスはEUには加盟していませんが、経済的にはEUと密接に結びついているため、スイスフランの値動きはユーロの値動きと連動する傾向があります。

 

スイスフランは日本円と並ぶ低金利通貨であり、スワップポイント狙いの投資家は少なく、またキャリートレードの対象通貨として売られやすい傾向があります。どちらかといえば、短期的な投資の対象になりやすいといえます。

 

FXについて深掘りしたい方のために教えたいサイト

FX

外為取引が初めたの人から経験を積んだ中級者・上級者の方までFXに関する深い知識を得られる人気の総合FX比較サイトです。取引手法やコツを得られるので、相場の動向に応じた臨機応変なトレードができるようになります。