資源が豊かな国の通貨である豪ドルやニュージーランドドル

豪ドル(オーストラリアドル)は政策金利が英ポンドなどと並んで高く、高金利通貨の代表格になっています。また、オーストラリアは石炭、鉄鉱石、金、ボーキサイト、チタンなどの豊富な資源に恵まれていることから、インフレや原油高に強い「資源国通貨」とも呼ばれています。

 

そのため、天然資源の輸出状況や原油、貴金属などの商品相場が為替変動に与える影響がかなり大きくなっています。相場動向を探るうえでは、オーストラリアの金融政策をチェックすることが重要であり、その経済指標や政策金利は日本時間の午前中に発表されることが多いことから、その前後に動きやすくなります。

 

ニュージーランドドルは豪ドルに並ぶ高金利通貨であり、農産物の輸出品目が主であることから原油や貴金属などの商品相場の影響は直接受けませんが、地理的な要因もあり、オーストラリアとの経済的な結びつきが大きいことから、両国の通貨は同じような動きをすることが多くなります。

 

豪ドルやニュージーランドドルといったオセアニア通貨は、地理的にテロや戦争の影響を受けにくく、現在のところ経済も安定している上に高金利であるため、FXではスワップポイントの獲得を目的とした個人投資家が多くいるようです。